Googleドキュメントでマージンを制御する方法

ドキュメントの余白は、ファイル内のテキストを囲む空白です。それらは、上部、下部、左側、および右側に表示されます。ほとんどの場合、デフォルトのマージンで問題ありませんが、場合によってはマージンを変更する必要があります。方法は次のとおりです。

Googleドキュメントでマージンを制御する方法

ドキュメントの余白の制御は、ルーラーまたはメニューバーからのいくつかの方法で実行できる簡単なプロセスです。

注: 余白を変更すると、ドキュメントのすべてのページに影響します。1つのページの余白を別のページとは別に変更することはできません。

定規を使用してマージンを制御する

ファイルを開いたら、ドキュメントの上部と左側にあるルーラーを確認します。上の定規は左右の余白を制御し、もう一方の定規は上下の余白を制御します。ルーラーの灰色の領域は、現在のマージンを示します。

余白線は、余白とドキュメントの使用可能領域の間の定規上の線です。マージンラインをクリックしてドラッグし、パディングを調整します。デフォルトは、使用している単位に応じて1インチまたは2.54cmです。

上マージン線が青い線と矢印の後ろに隠れていることに注意してください。これらは、ドキュメントの段落のインデントを制御できるようにするインデントインジケーターです。

調整する側ごとにこの手順を繰り返します。

Googleドキュメントは、定規の線をいじると、マージンを動的に変更します。

メニューバーを使用してマージンを制御する

ルーラーのマージンラインをドラッグするのではなく、メニューコマンドを使用して特定のマージンを設定することもできます。

「ファイル」メニューを開き、「ページ設定」をクリックします。

[ページ設定]ウィンドウで、必要な余白の変更を入力し、[OK]をクリックします。

これですべてです。これでドメインのマスターになり、ドキュメントの余白は完全に管理されます。